アレルギー│上豊田駅前クリニック|豊田市の内科・循環器内科・小児科 上豊田駅前クリニック

診療案内

花粉症・アレルギー内科治療

花粉症・アレルギー内科治療

当院で行っている花粉症・アレルギー内科治療のご紹介です。
アレルギー性鼻炎や花粉症に対して様々なアプローチで治療を行っております。

検査『View39』

一度の少量の採血で、39種類のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を調べることができる大変便利な検査です。
アレルギー性鼻炎・結膜炎、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性じんましんなどの症状が出ている方は、症状を引き起こしているアレルギーを特定すること、アレルギーによるものかどうかを調べることが、治療の第一歩となります。

検査『View39』

内服治療

「くしゃみや鼻水」に効きます。
最近は、眠気を起こしにくく、効果も強い薬が発売され、利用の対象が広がっています。また錠剤以外にも効果が持続するテープ剤もあります。

点鼻薬

「くしゃみや鼻水」に効きます。点鼻のステロイド薬は局所のみへの使用につき、一般的に副作用はほとんど無いとされています。

点眼薬

「目のかゆみ」に効きます。
「防腐剤」も治療選択のポイントです。コンタクトレンズをしたまま点眼する場合は、防腐剤が入っていない点眼薬を選択します。

漢方

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ等をはじめとしたアレルギー疾患に対して、殆どの体質の人に良く効きます。眠気を来す成分は入っていません。
錠剤タイプもあります。

注射

体の負担がほとんど無い『ノイロトロピン注射』を花粉症治療としてお勧めしています。
くしゃみや鼻水、鼻の違和感、眼球のかゆみなどの主要症状に幅広い症状に効果があります。
また、目の周りなど全身の皮膚のかゆみにも効果的です。
湿疹・蕁麻疹をはじめとする各種の皮膚疾患によるかゆみにも効果があります。

特異的減感作療法:舌下免疫療法【スギ(4 歳~)】

「スギ花粉症」に対して保険適用があります。毎日少量のエキスを舌下に含みます。
エキスを徐々に増やすことにより、体内でスギ花粉に対するアレルギー反応を抑え、症状をなくしたり、軽減することができます。

PAGE TOP